HOME>口コミ>負担が最小限に抑えられる治療法で胆のうがんを克服できる

負担が最小限に抑えられる治療法で胆のうがんを克服できる

医療

がんやがんの治療について先入観がある人は少なくありません。適切に対処することで、完治することができるケースもあるのです。もし胆のうがんになっても治そうと希望をもって取り組んでいる人もいます。

口コミ一覧

こんなに治療法が進んでいるとはびっくりしました【50代|男性|公務員】

がん家系でもありませんし周囲にがんを患った人はいませんので、どんな治療法があるのか知識がほとんどありませんでした。がんの治療に関する知識はテレビで少し耳にした事があったくらいで、ほとんど情報がないままでしたので、自分の中ではどんな治療になるのかいまいち想像が出来ないほどです。胆のうがんの治療を進めていくことになった時には、医師からの説明を受けて進めていくことになりましたが、こんなに治療が進んでいるとは想像もしていませんでした。自分の中でわずかにあったがん治療の知識とはかけ離れていて、医学の進歩のすばらしさに驚いたほどです。がんは怖い病気ですが、正しい治療を適切に受けて立ち向かっていこうとしています。

最先端の治療が受けられたのでよかったです【60代|男性|建設】

胆のうがんが発覚したからと言って今すぐに命の危険があるわけではないとはわかっていても、自分の命の限界を突き付けられた気がして酷く落ち込みました。何も治療をしなければ命の限界はどんどん短くなりますが、治療さえすればいくらでも元気な体を取り戻せると家族に励まされて感謝しています。家族の支えがあるからこそ、精神面でも大きな助けになるので、改めて家族の大事さを実感できたものです。胆のうがんで最先端の治療をするために自宅から遠く離れた病院で治療をすることになりましたが、家族はみんな賛成してくれました。遠いので大変だとも考えましたが、良くなるためには遠くても大丈夫と言ってくれたおかげで最先端治療が受けられる病院で治療出来ました。